新兵衛の覚え書き

見た聞いた読んだ浮かんだ思い出した……を書き留めています。

中国湖北省VS江西省

中国武漢市から発生して、世界中に迷惑かけまくりの中国共産党(CCP)コロナウイルスですが、武漢市は湖北省に属しています。
封鎖されていた武漢市ですが、湖北省からも自由に出る事はできませんでした。
が、やっと解除されました。
ところが、湖北省の隣の江西省の、長江を挟んだ湖北省の目の前に在る九江市に渡る為の橋を、江西省の警察が封鎖しようとしたのでした。

感染状況や死亡者数の中国の発表では、武漢市の感染者数0人が5日間続いたとか、湖北省全体もすっかり落ち着いたのでウイルスに勝利した、みたいな事を言ってますが、どんなに情報を隠蔽しようとも、情報は漏れてしまうものです。
中央政府だろうが地方政府だろうが、政府の言う事を信じる人は物凄~く少ないと聞きますから、「湖北省の出入りが解禁された、冗談じゃない」となるでしょうし、それなりに情報も入っているでしょうから、「湖北省の奴を入れたら大変な事になる」とばかりに、江西省の警察が出動したのでしょう。
江西省の警察VS湖北省の警察&湖北省住民が、橋の上で激突してしまったのでした。
もしかしたら、湖北省が封鎖になって帰れなくなっていた江西省の住民とかが騒いでるのを見た元々が湖北省の住民も、「どうしたどうした」とばかりに駆け付けて「湖北省を差別するな!」と一緒になって騒いじゃったのかもしれません。

駆け付けた動画撮影者は、1万人ぐらいいるんじゃないかと言ってましたが、少なくとも数千人はいる感じでした。
撮影者が駆け付けた後も人が増えたとすれば、万は超えたかもしれません。

湖北省側から来た連中は、バリケード代わりの警察車両を何台もひっくり返して抗議していました。
大きな橋でして、軍事の事も考えて掛けた橋でしょうから、戦車が連なって通っても大丈夫な造りになってると思いますから、警察車両をひっくり返したぐらいじゃ大丈夫でしょうけど。

そんな騒ぎになった為、江西省は特別警察だかが応援に来ます。
橋で大騒ぎになっているので、湖北省からも警察が来ます。
それで、江西省の警察VS湖北省の警察&住民となったのでした。
武装警察までが出動する大騒ぎとなったのでした。
湖北省共産党書記がやって来て、住民に引き返すよう説得していましたが、その後どうなったのかはわかりません。

政府の発表なんて全然信用していませんから、湖北省から人が入って来るのに恐怖を抱いても不思議ではありません。だから「通さない!」の行動に出るしかなかったのかなあ。
そういえば、村規模のところでは、自主的に役人も住民も協力して住民以外の人が入って来るのを厳しくチェックしているところもあるそうです。
村だろうが市だろうが省だろうが、入って来られたら大変だという心理は変わらないでしょうね。
武漢市から、あるいは湖北省から帰って来た人が出歩いていると袋叩きにされるぐらいですから、湖北省から大量に人がやって来るとなれば、トオセンボぐらいはやっても不思議ではありませんね。

江西省側は、武漢市や湖北省の情報をかなり知ってると思われます。政府の発表が本当なら、トオセンボなんかしないでしょう。
情報も持たずに、発表は信じられないとトオセンボしたら、共産党自体に弓引く事になりますから情報はキチンと持っての行動でしょう。

何はともあれ、中国共産党が腐っているのか、シナ大陸で年月かけて出来た価値観が問題なのかはわかりませんが、私は住みたくないです。

幸福の科学と総裁の長男の闘い闘い

幸福の科学(以降happy scienceの略のHSと使用)の総裁大川隆法氏と、その長男宏洋(ひろし)氏の間で闘いが繰り広げられています。

宏洋氏は、HSの元高級幹部でありました。
詳細は覚えていませんが、教団への批判をしたりして役職を降格されたりした様で、それを根に持ってHSへ攻撃をしているみたいにHSから言われている様です。
暗闇に堕ちた、悪魔にとり憑かれた、本人が悪魔になってる…みたいな事をHSは言ってる様です。
自分が新たに教団を造りたいだの、自分が教団を率いたいだの、未熟者が堕ちやすい闇に堕ちてしまい…とか言ってる様です。

宏洋氏は、あまり細々した事は言っていない様です。
「嘘をつくな!」が柱で、HSが言う様なネチネチした言い方はしていないと感じます。
それどころか、ポップな感じでHSをネタにしたりしていて、動画を視る人はそれなりに居る様です。
世間は暴露話が好きですから、宏洋氏のポップな感じに合わせたHS談をするんでしょうね、きっと。
今までもカルトだの何だの言われて来ましたから、今まで通りの批判の仕方ならHSも免疫が有るのかもしれません。
ところが、宏洋氏の登場で、宏洋氏の暴露話を使ったポップな感じの批判…からかいのレベルが上がったのか、HSは宏洋氏攻撃に力を割く様になったのでしょう。
早く潰してしまえとばかりに、訴訟を仕掛けております。
人格攻撃も随分やっている様です、自称神の総裁自ら。

人類の幸福を願って立ち上がったなら、組織なんて造ってんじゃない、と私は思います。
組織を造ると、必ずその運営の為の上下関係による軋轢やら運営の為の定期的収入やらが必要になり、組織の存続が目的となってしまい、その為の言動・行動になって行きます。
魔が競い立ってるとかは知りませんが、魔の攻撃で教えが広まらないんじゃなく、教団維持と拡大が目的になってしまっているから広まらないのではなかろうか。
人間一代で何ができるんだってえの。7世紀のムハンマドは、周りをぶん殴って広い地をイスラム化する土台を造ったけれど(今も過激派はそうだけれど)、HSも基本似たところを感じます。
何故なら、相手を悪魔だのなんだのと『敵!』とする姿勢を感じるから。
何故そんな台詞を言わなきゃならないの、ってのがありましてね、「舐めんなよ!」なんて台詞が必要ですか?「舐めんなよ!」ってのは相手に何をしようとして使いますか?
霊が本来の姿で、霊が住む世界が本来の世界ではなかったのですか?肉体を持っている時の思いと、霊の世界での思いの力は格段の差が有るのではなかったですか?
肉体を持っているうちなら「舐めんなよ!」の思いぐらい持っても構わない、なんて事はありませんよね。

何やってんだかね、まったく。

五輪延期と検査数増加という陰謀論

五輪の延期に同意…そんな記事が出た後感染者がどんどん増えている、今まで隠蔽してたんだろう、という陰謀論ツイッターにも見られます。

五輪を延期とか中止にすると経済的ダメージが凄いから、そうなりたくなくて検査を抑えていたんじゃないか、延期が決まった様なものだから抑えても仕方がないので、検査しなければならない人への検査さえやっていなかったのをやる様になった、だから検査数も感染者数もどんどん増えだした……それが根拠の話の様です。

1月には既に、症状の特徴がある程度伝わって来ていて、医師の診断に使われていた様です。
とはいっても、「あ、これは…」と疑える情報がそれなりに揃わないと、「新型コロナかな?」とはなかなかならない様です。
身体の変調はいつからかとか、熱の状態はどうだったのかとか、どんな咳をしてるのかとか、咳・熱・鼻水等以外の症状とか、診断に際して色々確認しなければならないのですが、軽症だとコロナを疑う診断は難しいでしょうね。
PCR検査は診断確定に使う為のものであり、スクリーニング的には使わないでね、というのが基本だった様ですから、「医師が新型コロナウイルスかもしれないので」と検査の承諾を受けようと保健所に連絡しても、受診するまでの経過が「ああ、それならば」とならなければOKは出なかった(断られた)のを、一方的に批判していたのが陰謀論にも結びついている様です。

感染した人と濃厚接触した人も検査は行われていた様ですが、それでもあまり陽性者は出ていなかったのであって、五輪が開催できる様に検査を抑えていたとか、数を隠蔽していたという証拠は今のところ無い様です。
PCR検査の感度(陽性をみる)が悪い事もあり、偽陽性を増やしてどうするんだ、というのが感染をコントロールしようとする側の考えでしょうね。
医療崩壊も頭に入れた対応を迫られるのですから、どんどん検査して偽陽性もどんどん隔離収容していたら大変な事になりますし。
毎年肺炎で亡くなる人は十数万人(誤嚥性肺炎含む)いるのですから、偽陽性者までをどんどん収容していたら、肺炎死亡者は更に増えてしまうでしょうから、感度の悪い検査をスクリーニング的におこなって、医療全体に混乱を招く事はできない、そう考えるのはおかしくなく、かといって感染拡大はしてほしいワケ無いですから、隠蔽などしないのではなかろうか。
中国じゃないのですから、隠蔽してると暴露したところで行方不明になる事などないでしょうし、ネットでの情報遮断ができるシステムが日本には無いでしょうから、隠蔽などできないと考えて良いかと。

検査数も感染数も突然増えて来た……五輪延期を決めたのとタイミングが合ったのは、「感染拡大は避けられません、拡大を抑えるのは無理ですから延期した方が良いのでは」という進言が出ていた、なんて事なのかも。
何とかなるかもしれないと、現場からの情報を聞きながらギリギリまで堪えていたんでしょうね、だから「五輪は行う方向で」的な発言をしていたんだと思います。
どうせ感染拡大は抑えられないだろうから、五輪は諦める事も考えておいてね、なんて国民に言えるワケないでしょう、感染による不安を掻き立てる事に政府が手を貸す事になりかねませんから。
ギリギリまで待っての五輪延期の決定だったのであり、ギリギリだったから決定後増えだした、だけの事だろうと思います。

残念に思うのは、マスコミが中国に服従した感のある事です。出て来るコメンテーターや専門家?までが中国の情報を分析して伝えて来なかった事です。
特大都市を封鎖する自体が大変な事ですのに、中国を土台にしたCCPコロナウイルスの危なさを国民に伝えて来たとは言えない事と、感染拡大が緩やかだった為の気の緩みが合わさっての、ここに来ての感染者急増に繋がったと、私は考えます。

日本国内で、まんべんなくばら蒔かれたと言っても良いので、武漢市のあの感染の仕方からみて、感染の拡大が今まででおさまるワケない、と考えるのが当たり前かと思いますが、花見に繰り出したり大規模催しをやったりするのを自粛する様、マスコミは声を上げていましたか?いませんよね。
人権二の次にできない国々の現在の状況は、1ヶ月も前から見ていたでしょうに、マスコミは何を考えて報道していたんでしょう、何を考えてワイドショーで語らせていたんでしょう。

隠蔽?
私は違うと思います。

中国共産党コロナウイルスによる死亡者数は、超過死亡含む

インフルエンザの、日本における死亡者数を聞いて「???」となる人も居るでしょうね。
インフルエンザで亡くなる人は、最近でいえば数百人~3千数百人で、感染者数は年平均推定1千万人ぐらいなので、致死率0.03%程度がいいところというデータもありますが、推定感染者数1千万人で 死亡者数1万人なので、致死率0.1%というデータもあります。
ツイッターを見ても、3千数百人と言う人と1万人と言う人がそれぞれいますが、この人達は直接的死亡と間接的死亡を言う人はほとんどいません。

私は、0.03%の方を使っていましたが、イタリア等を見ていると、医療崩壊が大きな影響を与えているとはいえ、基礎疾患のある高齢者等の死亡率がかなり高い為、これからは両方使う事にしました。

間接的死亡を超過死亡というそうです。インフルエンザに感染しなければ死亡を回避できたろう死亡を超過死亡というそうです。この超過死亡を含めた死亡者数が年平均1万人という事で、致死率0.1%という事になります。
ただし、間接的死亡であってもインフルエンザによる死亡として発行される死亡診断書もあるそうなので、直接的と間接的が正確な数字ではないそうです。
が、インフルエンザが関係しての死亡は、感染者の0.1%である事には違いありません。高齢者に限っていえば致死率は0.3%となるそうですか、これも超過死亡を含んでの計算かどうかまでは分かりませんでしたが、たぶん含んでの数字かと思います。致死率0.1%を使う人は高齢者に限った数字を0.3%としていますので。

中国共産党(CCP)コロナウイルスによる死亡者数は、超過死亡も含めた数かと思います。
基礎疾患を持っている人は致死率がかなり高いのですが、感染力自体はどうなんでしょう。インフルエンザや、既存のコロナウイルスと比べてどうなんでしょう。
インフルエンザなみの感染力なら、こんなものでは済みません。現在致死率が数%~10%超ですから、死亡者が週に数万人になっていてもおかしくありません。何せインフルエンザは、最盛期では週に100万人を軽く超える感染者が出ますから。
CCPコロナウイルスの感染力がインフルエンザなみで、致死率が仮に4%だとしましょう。100万人の感染者で4万人が死亡する事になります、週に。
日本は高齢者が多いのですから、感染して亡くなる高齢者がもっと出てもおかしくありませんが、何故か死亡者数が少ないです。
検査をガンガンしようが、感染者がガックリ減るとも思えません、潜伏期間が長いのでそれだけ撒き散らかされますから。
なのに死亡者が少ないのは、感染しても無症状か軽症で受診しないまま治癒してしまう人が多いのか、インフルエンザほどの感染力はないのかもしれません。
なので、岩田健太郎氏は人がほとんど歩いていない状態の武漢市ならジョギングしても大丈夫、と言ったのかもしれません。
まあ、岩田氏は中国政府の対策を称賛したため感染力の話はスッ飛んでしまった様ですが。
あの人の悪いクセらしいです、間違いではない事も騒ぎが起きる様に言ってしまうというのが。

まだまだ予断を許さない状況ですが、いまがピークかもしれないという人の話を信じたいところではあります。

志村けん、中国共産党コロナウイルス肺炎で入院中

3月中旬に、肺炎の症状で入院したそうです。
中国共産党コロナウイルスが陽性だったとの事。
乾いた咳をしてたんでしょうね、熱も続いていて、倦怠感も強かったのかな?

本日(3/25)昼ごろ、所属事務所から容態の発表があるそうです。
まさか……とは思いますが、もうすぐ退院の見込みという発表である事を願います。

致死率の低いドイツも、死亡者数は100を超える

中国共産党コロナウイルスによる死亡者数は、ドイツでも110人を超えました。陽性者も27000人を超えました。
韓国は、ドイツよりもかなり早くから感染者が出始めましたし、検査もどんどん行っていますが感染者数は9000人を少し超えたところで、ドイツの3分の1となっています。
韓国の死亡者数は120人で、ドイツが追いつく形で同じぐらいになりました。このまま行けば、ドイツの死亡者数は韓国を抜いて一気に増えるかも。

韓国がドイツに比べて感染者数が3分の1なのは、MERSの恐怖感が強く残っているのか、感染を拡げないよう強力する国民が多いのかもしれません。
また、感染者の名前や住所は別にして、できるだけ感染場所の情報を公開して住民に注意を促している様です。
その効果なんでしょうか、感染者数がドイツの3分の1なのは。致死率はドイツの3倍ですが、感染者数は同じぐらいです。
ドイツが今後どうなるかは分かりませんが、死亡者数は注目しておいたほうが良いと思われます。
イタリア北部の様な処置が出来ないまま亡くなる感染者が出る様な状態(医療崩壊)ではなくとも、どのぐらいの死亡者数になるかで次回の各国民の動きは変わって来ると思いますので、注目しておいた方が良いのです。

日本のインフルエンザ推定受信者数は年間一千万人ぐらいだそうです(それ以上の事もあります)が、中国共産党コロナウイルスが同じ程度の感染の拡がりをするのかどうかは全然分かりません。
分からない状態であるから、致死率が大変気になるのです。
インフルエンザによる高齢者の致死率は0.3%になることもある様ですが、インフルエンザで受信した高齢者の0.3%という事ですから、中国共産党コロナウイルスに感染したら恐ろしいです、高齢者の致死率は10%をはるかに超えますから。80歳以上は20%を超えるのですからインフルエンザの様に構えていられないでしょうね。
この致死率はイタリアの数字で、ベッドが足りなくて自宅待機する間に重篤になった人がかなりいる様ですが、高齢者で基礎疾患のある人は重篤化しやすいそうです。
高齢者なだけに、何かしら病気を持っていてもおかしくありませんから、いくら未知のウイルスといえどインフルエンザと同じに考えてはダメでしょうね。

日本も、韓国等のように検査を行えば感染者数は数万人になっているかもしれません。そうなれば、隔離しなければならない人で溢れ、大変な事になります。
日本は、中国共産党コロナウイルスで担ぎ込まれる高齢者自体が少ない様です。検査しようがしまいがウイルスは勝手に拡大しているのですから、亡くなる人がもっといてもおかしくありませんが、これも何故かが分かりません。
感染する高齢者が少ないのでしょうかね。

まだまだ分からない事だらけの様ですが、言える事は、外国の様に検査をどんどんやらない事、です。