新兵衛の覚え書き

見た聞いた読んだ浮かんだ思い出した……を書き留めています。

ヘイトスピーチと侮蔑の違い?

面白いツイートを見ました。
「侮蔑罪は名誉感情を害するだけだが、ヘイトスピーチは対象の相手の個人の尊厳を侵害するだけでなく、社会に蔓延して、ジェノサイドや戦争の引き金にもなる」

現在、罵倒はヘイトじゃないとか日本人へはヘイトにならないとか、マイノリティが言うのはヘイトにならないとか、法律に無いみたいな事を言ってる人達の言い分でしょうね、これ。

馬鹿にしたり蔑ろ(軽んじる)も侮蔑でして、個人の尊厳を侵害しないんでしょうか。
軽んじるわけですから、名誉感情を害するだけでは済まないですよね。侮蔑が定着する事はありえます、レッテルみたいに。そういう観られ方をされる様になるという事です。
つまり、侮蔑も差別を煽動できるという事になります。
SNSの時代でして、侮蔑が特定のものに対して乱れ飛んでいるのを目にする事は多いと思います。そんな状態を、名誉感情を害するだけだなんて言えますまい。


ヘイトスピーチはジェノサイドに、と極端な例えを出しているにもかかわらず、侮辱罪は名誉感情を害するだけ、とアッサリ通り抜けているところから考えるに、侮辱しまくりをやるつもりなんでしょうね。

こういう人達って、今はああだこうだ言ってますが、波に乗れば独裁統治で行われる事と同じ類いの言動・行動になって行くでしょう。問答無用でいちいち理屈を捏ねなくなるでしょう。
新聞・TVだけではなく、ネットからも丹念に情報を拾って行けば、お前がやるなら俺もやる、ではなく、俺だけは良い的な言動・行動をしてるのが分かります。弾圧気質というか何と言うか、平和で自由な世界は想像出来ない様な感じを受けてしまいます。

ヘイトスピーチは憎悪するだけでなく、怒りを含んでいる場合も多々有る事は皆感じているでしょうから、ジェノサイドや戦争の引き金にもなると言われれば「有りうるかも」となるのは仕方ありませんが、侮辱という単語は、ヘイトスピーチという単語みたいに単語自体を攻撃に使われる事が無い為、名誉感情を害するだけと言われても「ん?そうだっけ?」と思ってしまいがちです。
でも、侮辱でも差別を煽動できるんですから、ヘイトスピーチになりうるのです。

侮辱はヘイトスピーチたりえない……みたいな事を言う人には関わらないのが良いでしょう。

パク・キョンベ(新井浩文)被告実刑5年

パク被告の言う事は、まるで信用されなかった様です。
合意の上……なんかじゃないと判断されても仕方ないでしょうね、女性の帰り際に「悪い事しちゃったね」と7万円渡したっていうし。
「悪い事しちゃったね」は、店から禁止されてる事を互いに楽しんじゃったね……ではなく、無理やり相手させて悪かったね、という事になります。
女性が7万円を受け取ったかどうかは知りせんが、取り敢えず受け取って引き上げないと恐いと思って、一応受け取ったのでしょうかね。
一連の報道は見ていないので、違うかもしれないけど。

女性は、送迎運転手や店の者に直ぐに「逃げ切れなかった」等と事情を話し、警察へ被害届けを出したそうです。
パク被告は、7万円を受け取ってもらったので安心したでしょうが、ドッコイそうは問屋が卸さなかったというわけ。

パク被告は、芸名(通名でも使用?)を新井浩文といいます。本名はパク・キョンベなんですが、5年の実刑判決の記事は、「新井被告が…」となっていて「本名パク…」と付け足していないものが多く上がってました。
身元もキチンと書いて欲しいなあ。
もし、日本共産党元委員長の不和哲三氏が何か犯罪を犯したら、「不和哲三(本名:上田健次郎…健二郎だっけ?)容疑者が…」とかみたいに、本名までキチンと記す、とかね。

因みに、パク被告って朝鮮籍から韓国籍への変更者なんですね、2000年代に入ってから。
朝鮮籍には、北朝鮮にも韓国にも所属したくないという事での朝鮮籍の人と、日本は北朝鮮を国家承認していないので北朝鮮籍とする事ができないので朝鮮籍となった人とがいる様です。

まあ兎に角、パク被告の言い分は信用されなかったという事。

真冬日ってか!

まだ12月の頭だってのに、1日の最高気温が-(マイナス)だってさ。
明日も最高気温が-だって。

真冬日だ~

まあね、自分が生まれ育った地は、昼間で陽が照っていてもマイナス二桁なんて地だったから、特別驚きはしませんがね、やっぱり寒いものは寒いのです。

楽しんじょう党…という名前にはしないと思うけど…

N国党の立花氏が、元野球選手の新庄剛氏にラブコールを送っていますが、党名を「楽しんじょう党」に変えてもよいかなあ、とか言ってますね。
過去に「山本太郎とゆかいな仲間たち」なんてのもあったし、変えるかもしれない…ならないか。

ホリエモンとかシンジョーとかに選挙に出てもらい、当選したら党名も変えちゃうってかい?
で、党首を渡辺喜美氏に交代してもらい、党名はみんなの党で良いとかも言ってるようです。
立花氏は金庫番でもやろうかな、などとも。
『N国党立花』というのは、随分と印象が悪くなってしまったので、代表からも表舞台からも退いた方が良いかもしれない、なんて事も言ってるようです。
NHKをブッ壊す!は続けるそうですが。

純粋に、NHKをブッ壊すだけのために議員(地方議員)になった人がいるかどうかはわかりませんが、もし「みんなの党」などに党名が変わったら、次は受かるんでしょうかね。
NHKをブッ壊す!」だけと立花氏の行動で、今後伸びて行けるかは大いに疑問ですから、いずれこういう事にはなると思いますけど、もし「みんなの党」になったら、資金の集め方とか他と同じになってしまったり、NHKに手をつけなくなったりしないかなあ。

見もしない、というかTVも持っていないのに、スマホに強制的に半税金を掛けようとしてるのを阻止できないよね、きっと。スクランブルなんて無理だろうなあ、既存の政治畑から来た人達に牛耳られたら、NHKを今のまま腐らせ暴走させたまま利用するだけで、スマホしか持っていない通信量制限を拡げる余裕もない人から受信料として強制的に巻き上げるのを、そのまま放っとくでしょうね。
通信制限を拡げるには当然料金がかかります。スマホでTVなんて視てたら、あっという間に通信量制限を超えてしまうじゃないですか。通信制限になり、あっという間に動画が視られなくなってしまいますよね。
通信制限なんて知った事か、動画が視たいなら金払えばいいだろう、的な酷さも放っとくんでしょうね。
TV動画を視る事も出来ない人に、受信料を払わせて後は知りません…を放っとく政治家ってなんなんだ、この野郎!てなもんです。

スクランブルはどうなるんだ、こんちくしょー!

妻は耕地……なんて日本の大臣が言ったら騒ぎになるのでしょう

もし、日本の大臣にイスラム原理主義者がいて、この人が「妻はあなたがたの耕地である。だから意のままに耕地に赴け」と言ったらどうなるでしょう。
妻は夫の性交を拒否してはならない(産後や生理中除く)ので、イスラム教においては、妻へのレイプは成り立たない事になってしまいます。
日本は、一応政教分離で法律が造られていますし(受け継がれて来た価値観に宗教的なものも入ってはいるでしょうが)、犯罪化しなくても妻が嫌がる時まで強引にやるのはいかがなものか、みたいな感覚は多数派だと思いますので、こんな事を言う人は大臣どころか議員にもなれないかもしれません。
でも、イスラム教では啓示がそうなっているのです。

多様性を!とか、さも素晴らしい事の様に叫んで慎重派や反対派をレイシスト呼ばわりしたり、意見をヘイトスピーチとして黙らせに来る人達は、イギリスのロンドン等がどうなっているかを無視せず、まともな議論の場に出て来たらどうか。
あなた達がレイシズムだのヘイトだの男尊女卑だの差別だの言って攻撃してる内容って、イスラム教からすればジハード対象になりかねないと思いませんか?

内閣府では障害者雇用枠で働く人が居る

内閣府でも障害者枠で雇用されてる人が居る、そういう事を国民は意識してなかったでしょうね。

高性能のシュレッダーを使ってるのに、予約で埋まっていて廃棄が5月9日になったというのはおかしい、そう責め立てた末の障害者枠で雇用されている人の仕事という回答が出て来たわけです。
短時間勤務故、シュレッダーを作動させる時間も短くなる為予約しなければならなく、予約も詰まるという事のようです。

書類の廃棄は、書類を作成している人達が自らやらなきゃならなかったワケではないのですね。ダボラこいていたワケではなかったという事でした。
予約云々言うから、誰がどうやって使用調整してるんだろう、調整担当者がいるんだろうとは思ってましたが、なるほど、作業に渡るまでを障害者枠で雇用された人が行っていたわけね。
就労時間が短いので、予約が詰まっていて5月9日の廃棄になったというわけでしょう。
廃棄予定の書類は、作業現場の辺りに持ち込まれ、作業予定日ごとに分けて保管されてたとかなと推測します。
シュレッダーによる廃棄作業終了の報告がなされるようになっていたのかどうか。
廃棄した日が分かっているところから、役所というのは作業ひとつでも細かい記録をとっておくのだなあと感心します。
シュレッダーで裁断された後、それが自動的に消えて無くなるわけではありません。処理後のものを片付ける作業もありますので、作業担当者の勤務時間が短いというところから考えるに、「予約がつまる」になるのでしょう。

辻褄は合ってますね、一応。
シュレッダーを見る会とか言って、裁断実演までやって責め立てたんですから、内情を説明するしかなくなったわけです。
「なんで裁断にそんなに時間が掛かるんだー!」と責め立てましたよね、実演までして。
私も、職員がダボラこいていたのかな、と思ってましたが違いました、そういう内情だったわけです。
ところが、世の中には変な人がいるもので、「障害者を利用して逃げるつもりだ、障害者への差別だ!」と言う人が出て来ました。

なぜ差別なんでしょうね。

シバターが朝倉未来にアッという間にブチのめされる

シバター氏が朝倉氏を挑発する形での試合となりました。
25秒?でシバター氏はKO負けとなりました。

試合後のリング上での朝倉氏の言葉。
「真剣勝負とはこういうものです」と。
シバター氏はバッサリいかれたのでありました。

私は、強いとか弱いとか技術的なものは分かりません。試合を観て、なんかコッチの方が勝てそうとか敗けそうとか、何となく思うだけです。
朝倉選手の試合は何試合も観ていますが、やたら速いとかそんな風にも見えませんが、なんだか安定感のある人です。
私は、朝倉選手が何故強いのか分からないド素人ですのに、朝倉選手の試合はハラハラしないで観ていられるのですから、分からないながらも強そうと感じているのだけは確かです。

そんな私でも、朝倉氏とシバター氏を比べれば、パンチが全然違う様に見えるのですから、物凄い実力差なんでしょうね。

現在俳優の黒石貴大さんという人が、ザ・アウトサイダーという大会で2秒だか3秒だかで失神KO敗けというのがあり、しくじり先生でもネタになっていましたが、シバター氏がゴングと同時に突っ込んで来たところを狙って一発入れれば同じ様になって、シバター氏には美味しいネタになったかもしれません。

シバター氏もアウトサイダーのリングに上がったりしていた人ですから、実際はこうなる事ぐらい分かっていたでしょうね。
朝倉氏を煽るところから事前の打ち合わせがあったのかもしれませんし、「遠慮なくぼこってね」と言ってたのかもしれませんが、だとしたら、シバター氏は身体張ってんなあ。
大口たたいて叩き潰されるシバター氏に、観客は誰もガッカリしていないどころかウケていた様子ですし、「朝倉スゲ~!」という観客の雰囲気もありましたので、この企画は成功でしょうね。